ふくしまのキャンパス

奥羽大学 薬学部
奥羽大学公式ホームページ

医療

特色

【POINT-1】附属病院との連携が実現する教育環境の充実

東京ドームの約4倍の広々とした校地に恵まれています。1972年に開学した歯学部を有していることから、隣接医学を充実させる教育内容や研究交流が可能であり、また、歯学部附属病院との連携により、医療系大学ならではのメリットを活かした実践的な薬学教育を行います。

【POINT-2】21世紀を支える医療人としての人間教育

医療人として、日々進歩する薬学の専門知識を身に付ける教育ばかりではなく、人間教育も積極的に進めます。基礎教育科目で「倫理学」、「心理学」、「医療と法」は必修科目として開講され、選択科目では「哲学」に関連した科目も設けています。また、人文科学の他、自然科学、社会科学、情報科学などの科目を総合的に学修し、「豊かな人間性と倫理観を持ち、社会的責任を果たす」に必要な判断力と広い視野を育てます。

【POINT-3】着実な実務能力を磨くための、学習指導

なるべく少人数からなるクラス編成(1学年を2~4クラス)で実施する方針を立てています。しかも、各クラスは別々の教員が担当することを原則としていますので、きめ細かい教育指導を受けることができます。また、講義科目と連動した実験・実習を重視する他、国際化、情報化社会に対応する語学力の養成や情報リテラシーの育成の科目も少人数からなるクラスで対応し、実践的な教育を展開します。

【POINT-4】実践的能力を養成する、実務実習

薬学は、実習・実験を基盤とする学問です。5年次において5ヶ月間医療現場を体験する病院・薬局実務実習(20単位)を行います。本学の歯学部附属病院をはじめとした各種機関と連携し、有意義な実務実習体系を整えています。実施にあたっては、薬学部教員と実習先の指導薬剤師の代表者で構成する薬学部実務実習連絡協議会を組織し支援いたします。また、実務実習前には学内に設置した模擬病院薬局、模擬調剤薬局、模擬病室で、1ヶ月の事前実習(4単位)を実施いたします。

【POINT-5】広い視野を養うための、資格取得支援体制

大学で培った専門性を「薬剤師」として活用できるよう、徹底した教育指導を行います。また、学内において、語学の資格取得のための特設講座を開講しています。

取得できる資格(例)

※下記の「資格」には、卒業により取得できるもの以外に、卒業により試験資格を得られるもの、実務が必要なもの、履修制度を利用して必要科目の修得が必要なものなどを含む場合があります。詳細は各学校のWEBサイトでご確認ください。

キーワード

薬学

前のページへ戻るページトップへ戻る